Nawshicaの自然とともに

2019年4月にフリーとなり、現在は Nature Guide & Research として鳥や植物、昆虫の調査や観察会講師、ガイドなどをしています。このブログは​ 20​10​/04​/2​9 に yahooブログで開設し、2019/09/09 にこちらに移行しました。このブログでは日々の活動で見た生き物を中心に情報を発信しています。

鉢伏高原の灯火採集その他

鉢伏高原の灯火採集の最後です。

灯火採集をすると、甲虫もたくさん集まるはずだったのですが、今回も本当に低調 (A^^;)  まずはカミキリムシ科。ウスバカミキリ(Megopis sinica

イメージ 1

長い産卵管が見えていますので、これは♀です。近くには♂もいました。

次はホソカミキリ(Disrenia gracilis gracilis

イメージ 2

スマートなカミキリムシですが、どっしりと落ち着いたミヤマカミキリとはちがい、ちょこまか動きが早くてなかなか撮影させてくれませんでした。

次はアトジロサビカミキリ(Pterolophia zonata

イメージ 3

こういう小さくて地味系のカミキリって、好きなんですよね^^

カミキリムシ以外の甲虫も見られました。カミキリモドキ科のアオカミキリモドキ(Xanthochroa waterhousei)です。

イメージ 4

ストロボの影響で青く見えませんが、実物は深い緑色の美しい甲虫です。残念なことに体液に毒を持っているので、うかつに触ることはできません。触ると水ぶくれができてしまいます。

甲虫以外では、近くの自販機にヘビトンボ科のヘビトンボ(Protohermes grandis)が来ていました。

イメージ 5

はねに薄黄色の紋があるのが特徴です。噛まれるととても痛そうです (A^^;)

セミ科のヒグラシ(Tanna japonensis)も来ていました。

イメージ 6

これは鳴かない♀です。

昆虫はこれまで。このほか、カタツムリ類が2つ見つかりました。

一つ目はニッポンマイマイ科のケハダビロードマイマイ(Nipponochloritis fragilis

イメージ 7

体が真っ黒だし、殻がビロード状に毛が生えたような雰囲気で、見たことのないカタツムリだと思って調べてみると、環境省の準絶滅危惧種に指定されていました。

もう一つ、ナンバンマイマイ科のコベソマイマイ(Satsuma myomphala)がいました。

イメージ 8

こちらもなんだか丸っぽくてあまり見たことのないカタツムリでした。いくつかの県ではレッドリスト記載種になっているようです。夜の森は昼間には見られないこういう生き物が見られるのでドキドキします^^

鉢伏高原の蛾2

また間隔が開いてしまいました。鉢伏高原の灯火採集で見られた蛾の続きです。

まずはシャクガ科。最初はカギシロスジアオシャク(Geometra dieckmanni

イメージ 1

小さい蛾ですが、このモスグリーンがとても美しい^^

続いてウスクモエダシャク(Menophra senilis

イメージ 2

こちらは水墨画を見ているようなシックな模様がきれいですが、名前調べは少し難航しました。

最後はウスバミスジエダシャク本土・屋久島亜種(Hypomecis punctinalis conferenda

イメージ 3

更にこちらは地味系で、名前調べは難航しました (A^^;)  苔むした樹皮や岩の上に止まっていたらまず存在には気付かないでしょう。

次はドクガ科のキドクガ(Euproctis piperita

イメージ 4

なんとなく危なそうな雰囲気だったので手を出しませんでしたが、正解でした^^ まあ、他のガでも手は出しませんが (A^^;)  灯火にも来ていましたが、近くの自販機にもやってきていました。

次はシャチホコガ科のルリモンシャチホコ(Peridea oberthueri

イメージ 5

こちらも超地味系の蛾。これぞ擬態の極致かも。スズメガの仲間に比べると身体がペッタンコの感じがします。

同じくシャチホコガ科のヘリスジシャチホコ(Neopheosia fasciata japonica

イメージ 6

同じシャチホコガ科なのにどうしてこんなにスタイルが違うのか? こちらはスズメガの仲間のような立体的なフォルムで、まさか同じシャチホコガ科とは思いませんでした。

最後はヤガ科のマガリウスヅマアツバ(Bomolocha mandarina

イメージ 7

戦闘機のようなかっこいい、でも小さなガです。こんな特徴的な模様なので簡単に名前がわかると思っていたのに、よく似た模様のガがいろんな科にまたがっているため、このガの名前を調べるのが一番難航しました。

締めはこのガ。ヤママユガ科のオオミズアオ(Actias aliena aliena

イメージ 8

なかなかの美しさ。普通種だけど、やはりいつ見ても美しいって思います。

昆虫シリーズが続きますが、次はガ以外のもので目に付いたものを^^

鉢伏高原の蛾

前回書き込みをしてから、1ヶ月もたってしまいました。
困った。書くことはいっぱいなのに (A^^;)

日本鳥学会大会参加があり、間際までばたばたしましたが、やっとそれも終ったので、久しぶりの書き込みです。

時期外れですが、8月上旬に兵庫県鉢伏高原で夜間採集をしたときに見た昆虫です。

まずは蛾から。蛾は守備範囲外なのですが、特徴的なものは今はばっちり調べることのできるサイトがあり、いつもそこにお世話になっています。


ただ難点は画像だけで10,000点以上あり、何のグループかわからないガを調べるときは、それらを全て見ないといけないこと。ガは素人ですので、まずはぱっと見てすぐなんのグループかわかるスズメガ科から。

一つ目はスズメガの美麗種、ウンモンスズメ(Callambulyx tatarinovii gabyae

イメージ 1

なんてシックな色合いと、ちらりと見える後翅の紅色。おしゃれです^^

続いて地味なサザナミスズメ(Dolbina tancrei

イメージ 2

細かな波状の模様がいかにもガという感じです。

次は落ち着いた色合いのクルマスズメ(Ampelophaga rubiginosa rubiginosa

イメージ 3

こちらも渋いですね^^ ガの嫌いな人にとっては恐怖の対象なのでしょうが (A^^;)  ガは何も悪いことはしません (A^^;)

次は興味のない人は目の端に入っても気付かないかも知れないクロテンケンモンスズメ(Kentochrysalis consimilis

イメージ 4

もうまさに”蛾”って感じのガです。背中がはげているのは麟粉が取れちゃったからなのかなあ?

スズメガ科はこの程度。次はカギバガ科のオビカギバ(Drepana curvatula acuta

イメージ 5

前翅の先が下向きに曲がっているのがおもしろい。こんな形で飛びやすいんだろうか??

次はカレハガ科のリンゴカレハ(Odonestis pruni japonensis

イメージ 6

とっても特徴のあるきれいなガですが、悲しいかななんの仲間かがわからず、画像を順番に見る羽目に (A^^;)  なんとかわかってよかったです^^

蛾シリーズはもう1回分続きます。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • 管理者ページ