Nawshicaの自然とともに

2019年4月にフリーとなり、現在は Nature Guide & Research として鳥や植物、昆虫の調査や観察会講師、ガイドなどをしています。このブログは​ 20​10​/04​/2​9 に yahooブログで開設し、2019/09/09 にこちらに移行しました。このブログでは日々の活動で見た生き物を中心に情報を発信しています。

渡りのシーズン

夏鳥の渡りのシーズンです。
 
この前の日曜日の龍門山も、山頂ではサシバ(Butastur indicus)が数羽渡っていましたが、それ以外の夏鳥の気配はありませんでした。
 
そろそろオオルリ(Cyanoptila cyanomelana)やキビタキ(Ficedula narcissina)のやってくるシーズン。でも次に山に行く予定は、4月24日(日)の和泉葛城山までなさそうです (T_T)
 
ヒヨドリ(Hypsipetes amaurotis)もそろそろ渡っています。
 
イメージ 1
 
普通種のヒヨドリも謎の多い鳥です。1年中見られるヒヨドリですが、渡りの大きな群れが見られますし、もしかしたら夏と冬で個体群が入れ替わっている可能性もあります。♂と♀もインハンドでさえ確実に見分けることはできません。鳴き声も、どれがさえずりでどれが普通の声なのかも分からないし、この写真にあるような肩羽の羽縁の白っぽい斑も年齢に関係するのか性別に関係しているのやら。4色視のできるヒヨドリの目には、お互いの性別も見分けられるのでしょうか?

龍門山観察会(その2)

昼食後、少し下ると、コツバメ(Callophrys ferrea)がいました。これも春一番にだけ見られるチョウです。田代峠でもイヌマキの雄花に来ていたのですが、ここでやっと接近して撮影できました。敏捷なチョウで、接近するのは大変でした。
 
イメージ 1
 
地味ながら、散りばめられた白い模様や目の周りの白い隈取がキュート!
さらに下ると、イヌガシ(Neolistea aciculata)がまだ咲いていました。ヒメクロモジ(Lindera lancea)の小さな花や、落ち葉をかき分けてヒメカンアオイ(Heterotropa takaoi)の花を観察したあと、明神岩の分岐のところでアブラチャン(Lindera praecox)が満開になっていました。
 
イメージ 2
 
明神岩からの眺めはとてもよく、紀の川から和泉山系がばっちり見られました。山腹のタムシバ(Magnolia salicifolia)もいたるところで満開でした。
 
イメージ 3
 
自然がいっぱいの龍門山ですが、今年も帰化鳥のソウシチョウ(Leiothrix lutea)が良くさえずっていましたし、中央登山道入り口から田代峠登り口までの道筋では新帰化植物のシラホシムグラ(Galium aparine)やミチタネツケバナ(Cardamine hirsuta)がいっぱいでした。
 
参加した子供達が大人になった時に、帰化生物の侵入のない、貴重な生き物達が今のままちゃんと生き続けている龍門山であってほしいと願うばかりです。

龍門山観察会

今日は『龍門山を守る会』2011年度第1回目の観察会でした。
 
天気は快晴、24人の参加者が集まり、分乗して中腹の登り口へ。車の数が多いので、予定を変更して田代コースを登ることにしました。
 
歩き出すと暑いくらいの暖かさ。足元にはボクの大好きなシハイスミレ(Viola violacea)もポツポツと咲いていました。
 
イメージ 1
 
長い登りが終わってやっと田代峠へ。イヌマキ(Podocarpus macrophyllus)の雄花が満開でした。尾根筋を歩くとやっと目的のギフチョウ(Luehdorfia japonica)が飛び出しました。一つつかまえて皆さんに身体の毛や羽を見てもらったあと、そっと逃がしてあげました。
 
ここのギフチョウは南限の地として有名になりすぎて、一度絶滅してしまった後、飼育個体を放蝶したものです。今年もちゃんと自然発生してくれていました。遺伝的には以前とは異なる産地不明のギフチョウですが、それでもこうして自然状態で見られること自体が貴重です。標本箱の中に眠っている死んだギフチョウとは全く違う、生きて飛び回っているギフチョウを見る感動はまた格別のものです。ギフチョウ、がんばれ!!
 
やっと山頂に到着してお弁当。食べている間、目の高さからふわりとサシバ(Butastur indicus)が上昇してきました。東南アジアから渡ってきているのです。山頂ではサービス満点のギフチョウがいて、じっくりみんなで観察できました。
 
イメージ 2
 
少し後に見てみると、羽を閉じていました。
 
イメージ 3
 
まだ発生の初めなので、♂しか見ませんでした(続く)。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • 管理者ページ