Nawshicaの自然とともに

2019年4月にフリーとなり、現在は Nature Guide & Research として鳥や植物、昆虫の調査や観察会講師、ガイドなどをしています。このブログは​ 20​10​/04​/2​9 に yahooブログで開設し、2019/09/09 にこちらに移行しました。このブログでは日々の活動で見た生き物を中心に情報を発信しています。

工芸

ふたり展2

昨日一昨日と、眠気に負けてしまいました (A^^;)
 
母が陶芸を習い始めたのは1988年、ちょうど骨髄腫を発病した頃です。病気がなんらかのきっかけとなったのか、偶然同じような時期だったのかはわかりませんが、つらい病気との戦いの支えになっていたことは間違いないと思います。仕事をしながら、よくもこれだけ続けられたものです。
 
作品の続きです。細かな線を組み合わせて模様を作る作品は、こういう小皿にも使われています。これはボクにはモミジアオイ(Hibiscus coccineus)の花に見えます。
 
イメージ 1
 
直線だけでなく、曲線にも応用されています。小皿ではこういうのがありました。
 
イメージ 5
 
大きな壷にも応用されています。
 
イメージ 2
 
黒泥稜線紋大壷です。どうすればこういう曲面にこんな正確な曲線が書けるのでしょう?
もう一つ、同じ黒泥稜線紋大壷ですが、壷の曲線が異なる作品もありました。
 
イメージ 3
 
小さな蓋付きの壷もあります。
 
イメージ 4
 
大皿に応用したものがこれです。
 
イメージ 6
 
黒釉稜線紋大皿です。後ろの花器も母の作品です。
 
くり抜き細工の作品もありました。これはおそらく中に灯りを入れて楽しむ行燈ではないかと思います。
 
イメージ 7
 
らせん状に鳥の群れが飛んでいるかのような穴が開いています。鳥の研究をしているボクを思いながら作ってくれたのでしたらうれしいのですが^^
 
こちらはちゃんと中に灯りが入っています。
 
イメージ 8
 
白萩釉彫文燈火器です。こういうのもありました。
 
イメージ 9
 
父はあまり大作は作らないのですが、母は大きな作品から小さなものまで、たくさんの作品を残してくれています。こんな急須もあります。
 
イメージ 10
 
茶瓶はないと思うんだけど (A^^;)  生前、急須の取っ手にするのに、クズ(Pueraria lobata)のつるを取って来てほしいって頼まれてたのに、とうとう持っていくことができなかったことがすごく心残りです。
 
小さなぐい飲みも作っています。
 
イメージ 11
 
たくさんの作品を、こうやって見ていただければ、きっと母も喜んでくれると思います。亡くなって初めてそんな気持ちになるなんて、親不孝な息子です (A^^;)

ふたり展

もう一度だけ、母の話題を書きます。
 
先週の土日に、「ふたり展」という催しがありました。母がまだ元気なうちに、父と母がずっと取り組んできた陶芸の作品展をしようと企画したものです。残念ながらその日を待たずに母は他界してしまいましたが、遺作展として当初の予定通り開催することになったものです。
 
イメージ 1
 
行ってみるまでは、ボクもどの程度のものが展示されているのかわかりませんでした。しかし、展示場内は、大小の陶芸作品や俳画、写真などでいっぱいでした。
 
イメージ 2
 
会場中央には、母の遺影も飾られていました。
 
イメージ 3
 
遺影の左に展示している大鉢は、大阪工芸展で黒岩賞(特別賞)を受賞した作品で、黒泥稜線紋大鉢です。
 
イメージ 4
 
このシリーズには、こんなもう少し深い大鉢もあります。
 
イメージ 5
 
母はこの細かな線を組み合わせて並べた模様が好きで、陶芸の先生に、「一つの模様をまず追求して、とことん作ってみなさい」と言われたらしく、たくさんの作品を残しています。この細かく計算された作りには、舌を巻きます。手先の器用さは、母の遺伝かもしれないです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: