Nawshicaの自然とともに

2019年4月にフリーとなり、現在は Nature Guide & Research として鳥や植物、昆虫の調査や観察会講師、ガイドなどをしています。このブログは​ 20​10​/04​/2​9 に yahooブログで開設し、2019/09/09 にこちらに移行しました。このブログでは日々の活動で見た生き物を中心に情報を発信しています。

生物学

夜の観察会

あっという間に7月も終わり、気付けば8月に突入してしまいました。一月以上も更新できずにがっかりでした。

さて、7月下旬に近くの山で夜の観察会があり、昆虫担当として参加することになりました。まずは夜の森を歩きながら子供たちに夜の生き物の解説。樹液にクワガタが来ていて取りたいコールがあったのですが、すぐそばにスズメバチが来ていたので却下。気持ちはよくわかるのですが、刺されると大変です (A^^;)  巨大なヤマナメクジ(Meghimatium fruhstorferi)やテン(Martes melampus)と思われる糞を見て子供たちは歓声を上げていました。

歩き終わってからは灯火採集。子供たちのお目当てはクワガタやカブトムシ(Trypoxylus dichotomus septentrionalis)なのですが、残念ながら全く来ておらず、大型のノコギリカミキリ(Prionus insularis)などに子供たちの関心は集中していました。ガもあまり人気がない昆虫ですが、大型のガはさすがに子供たちの目を引いていました。

まずはヤママユガ科のシンジュサン(Samia cynthia pryeri

イメージ 1

現地ではボクの勘違いで別の名前を言ってしまいました (A^^;)  守備範囲外のものの解説は気をつけないと (A^^;)  シンジュサンは神樹蚕、つまりニワウルシ(Ailanthus altissima)を食べる蚕のことですが、幼虫はこれ以外にもクヌギ(Quercus acutissima)、クスノキ(Cinnamomum camphora)、エノキ(Celtis sinensis)などいろいろな植物も食べるようです。どうせなら河川敷や道沿いで猛烈な繁殖力を見せている困り者のニワウルシをしっかり食べて欲しいものです。

アゲハモドキガ科のアゲハモドキ(Epicopeia hainesii hainesii)♂も来ていました。

イメージ 2

毒のあるジャコウアゲハ(Atrophaneura alcinous)に擬態していますが、一回り小さいガです。

こちらも大きいので人気があったガです。スズメガ科のトビイロスズメ(Clanis bilineata tsingtauica

イメージ 3

渋い色合いのスズメガです。幼虫はマメ科植物を食べるようで、この幼虫は中国では食用にされるらしいです (A^^;)

ガで子供たちが興味を引いたのはここまで。これ以外の小さなガは見向きもされませんでした (A^^;)  そういう中でも、このガは羽が不思議な形に切れ込んでいるのが目を引きました。シャクガ科のエグリエダシャク(Fascellina chromataria)です。

イメージ 4

こんなに羽がえぐれていて飛びにくくないのでしょうか? こんな方向に進化した理由がわかりません。

もうひとつ、名前がわかりそうな特徴的な模様の持つガが来ていたので、パチリ。

イメージ 5

ヤガ科のアミメケンモン(Lophonycta confusa)です。

ガはほんとに守備範囲外で、しかも種類がチョウに比べて圧倒的に多く、全く手に負えなかったのですが、素晴らしいサイトを見つけてからは絵合わせでそれなりに同定できるようになりました。それがこの「みんなでつくる日本産蛾類図鑑」です。


ここを見れば、特徴的な蛾であればほぼ同定ができるという素晴らしいサイトです。ただ問題はボクがスズメガ類などわかりやすいもの以外はどの蛾がなに科か見当すら付かない場合が多く、そういう時はこのアミメケンモンの時のように、全ての画像(1万枚以上!)を順に見て絵合わせをしないといけない、というたいへんな作業が待っている、ということなのです (A^^;)  早く蛾も守備範囲内に入ってほしいものです (A^^;)

蛾以外では珍しくツノトンボ科のツノトンボ(Hybris subjacens)が来ていました。

イメージ 6

トンボの名前が付いていますが、トンボとは類縁関係は薄く、ウスバカゲロウなどに近い昆虫です。お尻の先にクワガタムシの角のような付属器が付いていることから、これは♂です。

続く^^

ニシキソウの仲間

先週、思い立って職場内の植物(雑草)を調べてみました。58種を確認し、そのうち28種が帰化植物で、帰化率は48.3%でした。

意外だったのがニシキソウの仲間が4種見つかったことでした。

まずはどこにでもあるコニシキソウ(Chamaesyce maculata

イメージ 1

茎にも果実の表面全体にも細かな白い毛が生えています。葉の中央に紫のしみがあるのも特徴。

これに良く似た在来種のニシキソウ(Chamaesyce pseudochamaesyce)はめっきり見られなくなっている種類ですが・・・

イメージ 2

隅っこの方でちゃんと生き残っていました。こちらは茎も果実の表面も無毛で、葉に紫のしみはありません。

もう一つ、最近よく見られるようになりつつある新しい帰化植物のアレチニシキソウ(Chamaesyce sp. aff. prostrata)も見つかりました。

イメージ 3

コニシキソウに比べて茎の毛は少なく、葉に紫のしみはありません。果実には稜の部分にのみ白くて直立した毛が生えています。学名は、まだ確定していないのでしょうか??

この3種を並べてみたのがこちら。

イメージ 6

よく似ていますが、並べると違いは明らかです。

まあ、これだけだろうと思っていたところ、南方系のシマニシキソウ(Chamaesyce pilulifera)もありました。

イメージ 4

温暖化の影響がこんなところにも (A^^;)  びっくりしました。

あとオオニシキソウ(Chamaesyce nutans)があればこの辺りで見られるものはほぼ全部になるのですが、さすがにそれは今回は見当たりませんでした。こんなのです。

イメージ 5

こちらも茎や果実はつるんとしていますが、大きくて茎全体が立ち上がることが全く違います。

残りの植物はまたのちほど^^

クモラン(Taeniophyllum aphyllum)

自宅から約30分くらいの山の中で、風の強い日にはカヤラン(Sarcochilus japonicus)の付いたスギ(Cryptomeria japonica)の小枝がたくさん落ちている場所があります。時々そこに行っては落ちてしまって枯れるばかりのカヤランを救出していますが、そこでは時々クモラン(Sarcochilus japonicus)も落ちているのを見つけることがあります。

イメージ 1

クモランはこの写真のように根っこだけしかないランで、スギなどの小枝に着生して根にある葉緑体で光合成をするという変わった植物です。といっても実は放射状に出している根っこの中心部に小さな茎を持っており、そこから根だけではなく、短くて細い花茎を出してミリ単位の花をつけ、思いのほか大き目の果実をつけます。この写真の下の方に淡褐色で枯れたようなものがくっついているのが、種を飛ばしたあとの果実です。

カヤランも夏の暑さと乾燥に弱くて、継続して育てるのはなかなか難しい植物ですが、クモランはさらに難しく、まずひと夏を越すことは不可能でした。これは生息地のような涼しくて空中湿度のある場所を提供することができないことがダメな原因だろうと、ほぼあきらめていたのですが、先日たくさんのクモランが落ちているのを見つけ、どうすればこれらのクモランを枯らすことなく育てることができるかを考えてみました。

空中湿度と適度な明るさや温度さえ維持できればもしかしたら継続して育て、開花させることもできるのではないかと考え、家にあった透明容器にミズクサを入れ、そこに入れて口を透明なラップで覆う、ということをやってみました。

イメージ 2

毎日霧吹きで水をかけ、室内の窓際においてみたところ、枯れることなく育ってくれることがわかりました。100均でちゃんと蓋のついた透明な容器を見つけたので、そちらにお引越しさせてみました。

イメージ 3

危険回避のために、二つに分けてお引越し^^ さてどうなりますやら、と毎日世話をしていたところ、

イメージ 4

新しい大きな根が伸びているのがわかるでしょうか? それだけでなく、細い花茎もそれぞれのクモランの中心部から伸びだしていました。とりあえずは成功のようです。

枝から落ちたときの衝撃のせいか、拾った段階で既に着生している枝からほとんど取れてしまっているものもありましたし、右から二つ目のクモランはスギの果実に着生しているような状態で、このまま何年も育てるのはちょっとたいへんそうです。とりあえずは夏をちゃんと越せるか、ですが、順調にいけば開花は十分期待できそうです。もしこの方法でうまく育ちそうでしたら、冬場の休眠期に慎重に枝からクモランを取り外したあと、もう少し幅の広い着生場所にお引越しさせることも可能ではないかと考えています。

うまく育ってくれることを祈ってます。

京大理学部付属植物園

5月初旬に京大理学部付属植物園に行ってきました。学生のころは時々お邪魔していたのですが、卒業してからはこれで2回目? 仕事で京都に来たときに時間があったのでのぞいてみました。

入り口のところでちょうどツクバネウツギ系のウツギが満開になっていました。見てみるとなんかちがう! 花茎に長くて白い毛が密生しています。こんなウツギ、見たことありません。

イメージ 1

名札が付いていなかったのでなになのか全くわからずに放置していたのですが、ググって見てやっと正体がわかりました。中国原産スイカズラ科の1属1種の木、ショウキウツギ(Kolkwitzia amabilis)でした。鍾馗さんのひげを想像して付けられたのでしょうが、ぴったりのネーミングです^^

この入り口にはバラ科のコゴメウツギ(Neillia incisa)と、もう1種別の近似種が植えられていて、カナウツギ(Neillia tanakae)かと思ったのですが、どうも違うようです。

中に入ったところでバンレイシ科のポポー(Asimina triloba)があったはずなのですが、見当たりませんでした。こっそり食べようと思ったこともあったのですが、さすがに学生の分際ではそこまでの勇気はありませんでした。モウセンゴケ科のムジナモ(Aldrovanda vesiculosa)がびっしり育つ容器とかも確かあったはずですが、こちらは既になくなっているようです。

うっそうと生い茂る樹木の中で、前回も見て気になっていたモクセイ科のコバタゴ(Fontanesia fortunei)がありました。残念ながら花は咲いていませんでしたが、このあと北部食堂でお昼を食べようと移動しているとき、そのすぐそばで開花しているのを見つけました。

イメージ 2

こんな花だったんだ^^ やっと見ることができました。

ぐるっと一回りして、池のところでカワセミ(Alcedo atthis)を見たり、エゴノキ科のハクウンボク(Styrax obassia)の花を楽しんだりしたとき、足元に見慣れない花が落ちているのに気付きました。

イメージ 3

近くにあった樹木の名札にはトウサイカチ(Gleditsia sinensis)の名札がありましたが、咲いているのはその隣の木。

イメージ 4

葉は確かにマメ科っぽい偶数羽状複葉だけど、花はどう見てもマメ科に見えないので、別物だと思っていたのですが、やはりこれがトウサイカチだったようです。

ちなみに、葉っぱはこんなです。これも花に混ざって落ちてました。

イメージ 5

変わった植物がいろいろ見れてよかったですが、あとで考えると中国産ばかりだったような (A^^;)

春のバンディング(昆虫編)

鳥が最終日はすごく低調だったのと反対に、昆虫は最終日にたくさん見ることができました。

まずはヒシカミキリ(Microlera ptinoides

イメージ 1

この網の目は捕虫網の網の目。ということから、いったいどれだけ小さなカミキリムシかがわかるのでは。ちょうどマルバアオダモ(Fraxinus sieboldiana)が満開で、その花に捕虫網をかぶせてゆすってみたら網に入りました。あまりの小ささに、その場ではカミキリムシだと即答できず、カッコウムシの仲間の可能性も考えました。

同じくゆすった網に入ったのはモモブトカミキリモドキ(Oedemeronia lucidicollis)♀

イメージ 2

これは♀なので腿は太くありませんが、♂はポコンと腿が膨れます。春一番にタンポポの上なんかでよく見る昆虫です。

サルトリイバラ(Smilax china)の葉の上で、フタホシオオノミハムシ(Pseudodera xanthospila)も見つけました。

イメージ 3

ぱっと見はウリハムシ(Aulacophora femoralis)かなって感じですが、上翅の後ろ側面に白い紋があります。

ウリハダカエデ(Acer rufinerve)の葉の上には、ドロハマキチョッキリ(Byctiscus puberulus)♂がいました。

イメージ 4

暗くて証拠写真程度にしかならなくてがっかり (A^^;)  せっかくの美麗種なのにほんとに残念です (T_T)  前胸両側に小さな棘があるのが♂の特徴です。ウリハダカエデを細く筒状に巻いた揺籃もあったのに、それを撮影することも忘れていました (A^^;)  捕獲した鳥を持った帰りだったので、落ち着いて撮影できなかったのが悔やまれます。

甲虫はここまで。次はヒメハサミツノカメムシ(Acanthosoma forficula)♀

イメージ 5

カメムシは臭いのでちょっと苦手ですが、このカメムシは緑にキラキラ輝いてとてもきれいです。♂はお尻の所に名前どおりのハサミムシを思わせる尾状突起があります。

最後はエゾハサミムシ(Eparchus yezoensis

イメージ 6

シャープなスタイルがとてもかっこいいハサミムシです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: